ホーム » お好み焼きアルバイトの人気とその目的

お好み焼きアルバイトの人気とその目的

飲食店のアルバイトは、大学生にとって魅力的なものである。あまり特別な技術が必要とならないことに加えて、時給もその地方の相場で比較的安定しており、昇給制度も充実していることがその理由だろう。それに加えて重要なのが、まかないがもらえるということだ。飲食店のほとんどでまかないが出るということもあり、一人暮らしをする大学生にとっては貴重な食事の機会になるのである。
大阪に出てきた学生にとって魅力的に感じられる飲食店というと、お好み焼き屋ということが多い。大阪はこういった鉄板焼きの本場であることから、そこで焼き方について学んだり、本場のお好み焼きのまかないを飽きるまで食べたいと考えるのである。本場であるということもあり、観光客によって賑わいやすいことから、お店も豊富にあってアルバイト先も探しやすいというのはメリットだろう。それゆえに、大学生が候補として実際に働き始めるのである。
しかし、お好み焼の場合には世の中のトレンドに従って、お客が自分で焼くというシステムをとっていることが多くなっている。そのため、本場の技術を学ぼうと思っても学べない職場をうっかり選んでしまう学生も珍しくはない。また、こだわりのあるお店ではアルバイトには焼かせないという方針をとっている場合もあれば、焼き手が皆地方から来た学生という場合もある。そういった状況があることを知らずに仕事先を選んでしまって失敗しないためにも、現地調査を行って技術を学べる職場を探すことが大切だろう。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です